アルゼンチン(Argentina)

【総括】アルゼンチンは「日本人いない場所」だったのか?

アルゼンチンでの滞在を振り返って総括

管理人はアルゼンチンに4週間滞在しました。ブログで投稿したように、たくさんの観光地に行きました。その間日本人との関わりがあったのか?それを書いていきたいと思います。

アルゼンチン滞在中、関わった日本人は「1グループ」

首都ブエノスアイレスでも、日本人はほとんど見かけませんでした。ですがブエノスアイレス市内のショッピングモールを訪れた際、「日本人かな?」と思われる女性を見かけました。話している言葉を聞いたわけではないので、日本人だったかどうかは断定できません。

中華街訪問時にも、日本人らしき人は見かけませんでした。

それとは対照的に、イグアスの滝アルゼンチン国立公園内で日本人と関わりました。公園内を移動するトロッコ列車乗車中、向かい合わせの席に座ったのが年配の日本人観光客のグループでした。そのグループのガイドに「日本人ですか?」と話しかけられたことをきっかけに、日本人観光客とも話をしました。まさか地球の裏側で日本人と会話することになるとは思ってもいませんでしたが。

アルゼンチン最北部のフフイ州では、東洋人を見かけたこともありませんでした。

関わった日本人は「1グループ」です。後にも先にも、アルゼンチン国内で日本人と話をしたのはイグアス滝観光の時だけです。

ブエノスアイレス市内には日本食レストランが多数存在する

日本食レストランで働いている日本人がいる可能性はありますが、管理人は訪問しなかったので確証はありません。ですが「日本語可」のレストランもあるようなので、その店には高確率で日本人がいると思われます。

プエルト・イグアスやサルタの街にも日本食レストランはあるようですので、地方都市でも日本人がいる可能性はあります。ですが、プルママルカやティルカラなどの小さい街だと不可能そうです。

「どうしても日本人と話をしたい」とお思いの方は、日本食レストランを訪れてみることをおすすめします。

まとめ

日本人にとって最も遠い国とも言われるアルゼンチンでも、日本食レストランさえ避ければ関わる可能性は「ほぼゼロ」ということで、アルゼンチンは

「日本人いない場所」

として、管理人が認定いたします。

日本人に関わりたくないという方は、アルゼンチンへの移住を考えてみてはいかがでしょうか?

 

それではまた!

 

続きはこちらから

 

前記事はこちらから

 

アルゼンチンについてより詳しく記した滞在記はこちらからどうぞ

地球の反対側はどんな感じ?「南米は好きか?行ったことあるか?行くことがあるか?小っちぇえ価値観がぶっ飛ぶ国、アルゼンチン! 」

 

【PR】「稼ぐ」のに特化したWordpressテーマ(このブログは「AFFINGER」を使用していいます)

AFFINGER6(WordPressテーマ)

 

【PR】あなたも自身でブログ開設(管理人もこの快適なレンタルサーバーを利用しています)

 

【PR】海外旅行にはまずこの1枚!入会費・年会費一切不要のお得なエポスカード!
(管理人もエポスカードには大変お世話になっています。)

一括返済が可能!利用付帯旅行保険も充実!海外行くならエポスカード

-アルゼンチン(Argentina)
-, ,