カナダ(Canada)

訪れるべきところがいっぱい!カナダのモントリオール(その1)

さすが北米のパリ、カナダのモントリオール!

(投稿記事の内容は2022年1月~2022年5月当時のものです)

前回までの投稿で、主にモントリオールの交通情報について書いてきました。

モントリオールを縦横無尽に走るメトロ!使いこなして快適な滞在を!

今回はその情報がついに、大いに役立つ投稿です。モントリオールで訪れるべき観光地を挙げていきます。

ご紹介するスポット数が多いため、4回の投稿に分けていきます。今回はその第1弾です。

モントリオールで訪れるべき観光スポット25選(その1)

1.ジャン・タロン市場(Marché Jean-Talon)

モントリオール市内で最も有名な市場です。

最寄り駅はオレンジラインとブルーライン共通のジャン・タロン駅(Jean-Talon)です。

どの観光ガイドブックにも、絶対に行くべき観光地と書かれています。とはいっても、実際は単なる市場です。クレジットカード社会のカナダにおいて、現金でしか決済ができないともいわれている時代遅れの市場です。

Marche Jean Talon

管理人はここで何かを買ったことはないので、実際に現金でしか決済できないのかは定かではありません。ですが、いくつかのレジではクレジットカード対応の決済機を見かけたような気がします。さすがに今の時代、現金でしか決済できないような場所はほとんどないと思います。ですが、ここで買い物をしたいと思う方は現金を用意しておく方が無難でしょう。

Marche Jean Talon-2

個人的にはここで買うより、スーパーマーケットで買う方が安いと思います。なぜここが今も行くべき観光地に挙げられているのか疑問に思います。何が楽しいのか探求したい場合には、ここを訪れてもいいでしょう。

Marche Jean Talon-3

2.モントリオール・トラスト(Place Montreal Trust)

モントリオールのダウンタウンエリアにあるショッピングモールです。

最寄り駅はグリーンラインのミギル駅(McGill)かオレンジラインのスクエア・ヴィクトリア・オワシー駅(Square Victoria-OACI)です。

訪れるべき観光スポットの2つ目ですでに出てきてしまいました、ショッピングモールです。ですがここは地元の友人に初めて連れて行かれた場所なのです。思い出深い場所なのでご紹介させていただきます。

ショッピングモールなので、ここに来ればなんでも揃います。管理人は2人の友人に連れてこられましたが、ここの本屋は品揃えが豊富でいいとのことです。日本の漫画も置いてあります(セリフは英語やフランス語ですが)。お土産を買う場所としても人気があるようです。冬は単純に暖を取るためだけに寄ってもいいでしょう。トイレも無料で利用できます。

モントリオールトラストで買ったGODIVA

3.モン・ロワイヤル公園(Parc du Mont-Royal)

モントリオールで最も有名な公園です。

最寄り駅はグリーンラインのピール駅(Peel)か、オレンジラインのモン・ロワイヤル駅(Mont-Royal)です。歩いて公園まで向かうのであれば、ピール駅からの方が近いです。

ですが路線バスもたくさん出ていますので、最寄り駅にこだわる必要もあまりないかもしれません。

モンロワイヤル公園

高台にあり、モントリオール市内が一望できます。結構歩きますので、歩きやすい靴で行くことを推奨します。特にピール駅から向かう場合は階段が数多くありますので、体力も要求されます。ハイキングのつもりで臨んだ方がよいでしょう。

冬場は平地でクロスカントリースキーが楽しめます。無料で利用できるので、自前の道具で滑るのも楽しいでしょう。

モンロワイヤル公園3

展望エリアには売店や無料で利用できるトイレもあります。冬場は足場が特に悪くなりますので、気を付けて向かってください。

モンロワイヤル公園2

4.マルク・ファブロー公立図書館(Marc-Favreau Public Library)

日本の漫画も数多く所蔵する公立図書館です。

最寄り駅はオレンジラインのローズモン駅(Rosemont)です。

管理人はこの図書館のすぐそばの家に滞在しており、ほぼ毎日のようにこの図書館に来ていました。というのも、ここには日本の漫画が数多く所蔵されているからです。

入館、閲覧であれば誰でも無料で利用できます。ただし貸出を利用するとなると、IDの他に居住証明として光熱費の支払い明細や職場の情報が必要になります。つまり短期滞在者では貸出は利用できません。ですがもし貸出が利用できるようであれば、PS5やNintendo Switchのゲームソフトすら借りることができます。日本の図書館と違って太っ腹です。

ちなみに、この図書館に所蔵してある日本の漫画のセリフはフランス語で書かれています。なので、セリフまで覚えているような漫画を読むとよいでしょう。管理人は「SLAM DUNK」と「よつばと!」を主に読んでいました。多少なりともフランス語は学習できたと思います。

観光に疲れたら図書館でほっと一息ついてはいかがでしょうか?飲食は禁止されていますので悪しからず。

5.モントリオール旧市街港(Vieux-Port de Montréal)

セント・ローレンス川沿いにある複合施設です。

最寄り駅はオレンジラインのシャン・ドゥ・マルス駅(Champ-de-Mars)かプラス・ダルム駅(Place d’Armes)です。

飲食店や屋内遊技場、科学博物館、シルクドソレイユのサーカス場があります。散策するだけでも非常に美しい場所です。

モントリオール旧市街港

モントリオール旧市街港2

モントリオール旧市街港3

モントリオール旧市街港から見える夜景

モントリオール観覧車(La Grande Roue de Montréal)

このモントリオール旧市街港のシンボルとも言える観覧車です。価格は高めですが、なんと3周くらい乗っていられるそうです。

管理人は乗る機会に恵まれませんでしたが、機会があれば乗ってみてください。

モントリオール観覧車

モントリオール観覧車夜

観覧車のすぐ下には屋外アイススケートリンクもあります。道具はレンタルできるようなので、手ぶらで行って楽しんでください。

6.モントリオールチャイナタウン(Montreal Chinatown)

モントリオールにある中華街です。

最寄り駅はオレンジラインのシャン・ドゥ・マルス駅(Champ-de-Mars)かプラス・ダルム駅(Place d’Armes)、グリーンラインのサン・ローラン駅(Saint Laurent)です。

中華街といっても韓国料理やベトナム料理、日本料理店もあるアジア街です。アジア食が恋しくなったら来るのにおすすめの場所です。特に治安が悪い場所でもないので、女性でも安心して来られます。

モントリオールのおしゃれな雰囲気にちょいと疲れたら立ち寄ってみてください。

まとめ

すてきな観光スポットばかりでしょう?そうでもないですか?

実はこの期間中モントリオール市内がロックダウン中のため、ほとんど外出ができなかったのです。ロックダウン中でも問題なく開いていた場所を今回はご紹介しました。

次回の投稿では、これぞ「ザ・モントリオール」といった観光スポットをご紹介しますので、どうぞお楽しみに。

 

それではまた!

 

続きはこちらから

 

前記事はこちらから

 

【PR】あなたも自身でブログ開設(管理人もこの快適なレンタルサーバーを利用しています)

 

【PR】海外旅行にはまずこの1枚!入会費・年会費一切不要のお得なエポスカード!
(管理人もエポスカードには大変お世話になっています。)

一括返済が可能!利用付帯旅行保険も充実!海外行くならエポスカード

-カナダ(Canada)
-, , , , , , ,