海外生活コラム

これちゃんと乗り継ぎできるの!?鬼畜な格安航空券の組み合わせ!

前回の投稿で、地獄の航空券選びについて投稿しました。

どちらを選択しても地獄!?どちらの航空券を購入する!?(その3)

今回はその時に買った復路便に関する投稿です。

格安航空券はクズ航空券の寄せ集め!?

格安航空券についてみなさんご存じでしょうが、ご存じない方のために一応説明しておきます。ものすごく簡単に言えば、売れ残りの航空券です。その座席を空席状態で運航するより、たとえ数百円や数千円だとしてもその座席の航空券を買わせた方が得だと航空会社は考えています。なので、正規価格で航空券を購入する人から見ればありえない組み合わせの航空券にもなり得ます。

今回管理人が購入した格安航空券は、「メキシコのカンクン⇒東京」までの航空券です。みなさんはこの航空券、一体何回乗り継ぎすると思いますか?

  • 「カンクン⇒アメリカのどこか⇒東京」の乗り継ぎ1回、計2回のフライト
  • 「カンクン⇒メキシコのどこか⇒アメリカのどこか⇒東京」の乗り継ぎ2回、計3回のフライト

こんなところだと思いますか?ですが管理人の航空券は、この程度のフライトでは済みません。正解は以下の運航ルートです。

「カンクン⇒グアダラハラ⇒ロサンゼルス⇒サンフランシスコ⇒バンクーバー⇒東京」

鬼畜な航空券

乗り継ぎは4回、合計で5回のフライトです。「マイル修行でもしているのか?」と言いたくなるでしょうが、とんでもないです。まったくもってバラバラなマイレージ系列、さらに言えばマイレージ自体存在しないLCCも含まれています。ANA(スターアライアンス系列)のマイレージを優先的に貯めている管理人にとって、ほとんどプラスにならない組み合わせです。

以下にこれらの航空券の詳細を書いていきます。

①カンクン⇒グアダラハラ

利用する航空会社はビバアエロブス(VivaAerobus)という、メキシコのLCCです。いずれのマイレージ系列にも参加していません。

「グアダラハラ」という地名を初めて聞く方も多いかもしれません。グアダラハラはメキシコシティに次ぐメキシコ第二の都市で、とても美しい都市と言われています。

このフライトはメキシコ国内便です。

2022年7月26日14時25分発、同日17時20分着のフライトスケジュールです。

②グアダラハラ⇒ロサンゼルス

利用する航空会社は先ほどと同じ、ビバアエロブスです。

ロサンゼルスは有名ですね。アメリカ西海岸、南部にある有名な都市です。

このフライトは国際便です。

2022年7月26日21時30分発、同日22時55分着のフライトスケジュールです。

③ロサンゼルス⇒サンフランシスコ

利用する航空会社はアラスカ航空(Alaska Airlines)という、アメリカの航空会社です。JALが所属するワンワールドのマイレージ系列に参加しています。

サンフランシスコもアメリカ西海岸の都市です。

このフライトはアメリカ国内便です。

2022年7月27日6時5分発、同日7時25分着のフライトスケジュールです。

④サンフランシスコ⇒バンクーバー

利用する航空会社はエアカナダ(Air Canada)という、カナダの航空会社です。管理人も貯めているスターアライアンスのマイレージ系列に参加しています。

バンクーバーはカナダ西海岸の都市です。

このフライトは国際便です。この直近の2便で、北アメリカ大陸の西海岸をとにかく北上しています。

2022年7月27日9時0分発、同日11時24分着のフライトスケジュールです。

⑤バンクーバー⇒東京

利用する航空会社は先ほどと同じエアカナダです。

東京で着陸する空港は成田空港です。

このフライトは国際便です。ようやくこれが最終フライトになります。

2022年7月27日13時15分発、翌日28日15時10分着のフライトスケジュールです。

乗り継ぎ時間が2時間もない!

このフライトスケジュールで厳しいのは、③④⑤のフライトの乗り継ぎ時間です。サンフランシスコでは乗り継ぎ時間がわずか1時間35分しかなく、バンクーバーでも1時間51分しかありません。

定刻通りでもかなり厳しいフライトスケジュールなのに、遅れたらどうするのでしょうか?

こんな綱渡りのような航空券をよく繋ぎ合わせて売りつけたもんだなと、航空券発行会社には感心します。

フライトスケジュール変更のお知らせ

6月2日(フライトの約2か月前)にエアカナダからフライトスケジュール変更のお知らせが届きました。

③ロサンゼルス⇒サンフランシスコ便の変更があったようです。

アラスカ航空のフライトスケジュール変更

6時5分発が8時5分発の便に変更されたようです。到着も9時30分になるとのこと。

「ん、ちょっと待てよ?その次の便はどうなってる?」

その次の④サンフランシスコ⇒バンクーバー便のスケジュールに変更はありません。

「これ乗れなくなってね?」

ありえないフライトスケジュール1

そうです、このアラスカ航空の自分勝手な変更のせいで、続くサンフランシスコ⇒バンクーバー便に乗れなくなってしまったのです。エアカナダはこのありえない乗り継ぎ状況を平然と表示しています。

ありえないフライトスケジュール2

「まあ航空会社都合による変更だし、代わりの便を手配してくれるんだろう。お詫びの意味も兼ねて、ビジネスクラスにでもアップグレードしてくんないかな~」

このときはそんなふうに軽く考えていました。この後に待ち受ける修羅場も知らずに…。

 

次回に続きます。

 

それではまた!

 

続きはこちらから

 

前記事はこちらから

 

【PR】管理人も日本で利用している、面倒な工事が不要の差すだけWifi!無料通話も途切れることなく使えます!契約後すぐにネットにつなげて便利です!


【PR】海外旅行にはまずこの1枚!入会費・年会費一切不要のお得なエポスカード!
(管理人もエポスカードには大変お世話になっています。)

一括返済が可能!利用付帯旅行保険も充実!海外行くならエポスカード

-海外生活コラム
-, , , , , ,