カナダ(Canada)

多国籍の飲食店がずらり!グルメに最適な街モントリオール(その3)

(投稿記事の内容は2022年2月~2022年4月当時のものです)

前回、前々回の投稿で、モントリオールで訪れるべき飲食店を投稿してきました。

多国籍の飲食店がずらり!グルメに最適な街モントリオール(その1)

多国籍の飲食店がずらり!グルメに最適な街モントリオール(その2)

ご紹介する飲食店数が多いため、3回の投稿に分けていきます。今回はその最終章、第3弾です。

モントリオールで訪れるべき飲食店14選(その3)

11.レストラン・マニャーナ(Restaurant Mañana

メキシコ料理が楽しめるバーレストランです。

最寄り駅はオレンジラインのシェルブルック駅(Sherbrooke)です。

メキシコ料理レストラン再びです。さきほどの3アミーゴスがカジュアルなバーであるならば、こちらは少し高級感のあるレストランといった感じでしょうか。客層も落ち着いた人々のように見えます。

ここでのおつまみにはナチョスとCEVICHE(セビーチェ)を注文しました。セビーチェとは、ハバネロ、牛乳、玉ねぎ、トマト、コリアンダー、サツマイモをペーストにしたものに小エビが添えられているものです。見た目は小エビが乗ったカクテルに見えます。なかなか不思議な味わいです。

このレストランのほとんどのメニューにはトルティーヤチップスがついてきます。ナチョスにもセビーチェにもトルティーヤチップスが添えられていて、9割以上トルティーヤチップス食べている感覚でした。この店に来る場合には、トルティーヤチップスを単体で注文しない方がいいでしょう。トルティーヤチップスばかり食べることになりますので。

Restaurant Mañana

メキシコ料理レストランにも、店によって違った雰囲気があります。たまにはメキシコ料理レストラン巡りをしてみても楽しめると思います。管理人は3アミーゴスとこのレストラン・マニャーナを同日に巡りました(笑)。

12.ギボー・オレンジ・ジュレップ(Gibeau Orange Julep)

特許を取得したオレンジジュースが飲めるファストフード店です。

最寄り駅はオレンジラインのナムール駅(Namur)です。

遠くからも見えるオレンジ色の球体がシンボルです。

Gibeau Orange Julep2

Gibeau Orange Julep

このお店のオレンジジュースは、特許を取得した特殊な製法で作られています。通常のオレンジジュースよりも甘いです。砂糖や卵白を混ぜて作っているようです。管理人は好きな味でした。サイズもたくさんありますので、お好みの大きさでご注文ください。

Gibeau Orange Julepの特許取得済みのオレンジジュース

モントリオールの有名なグルメ店です。ダウンタウンエリアからは少し離れていますが、わざわざ訪れる価値はあると思います。時間を見つけてご来店ください。

13.ディーズ・オンズ・ライブ・ジャズ・バー(Diese Onze Live Jazz Bar)

ジャズライブが楽しめるバーレストランです。

最寄り駅はオレンジラインのモン・ロワイヤル駅(Mont-Royal)です。

テーブルチャージがかかりますが、店内で開催されるジャズライブを観賞することができます。食事のメニューもおしゃれで高価なものが多いです。管理人はフランス語が読めず、嫌いなホタテの料理を注文してしまいました。ですがおいしかったので、後悔はしていません。

Diese Onze Live Jazz Barのホタテ料理

ジャズライブは19時~21時の予定となっていましたが、19時半にようやく始まりました。開演時刻は守られないことがデフォルトのようです。

Kim Richardsonのジャズライブ

管理人が訪れた日の歌い手は、Kim Richardson(キム・リチャードソン)というカナダの歌手で女優でした。そんな大物が街中のジャズバーレストランでライブをするというのもなかなかすごいです。

管理人はこの日ジャズライブ観賞初体験でしたが、とても楽しめました。観客との掛け合いもあり、1時間半のジャズライブはあっという間に終了しました。

Kim Richardson Trio’s jazz live

それに歌い手と観客の距離がとても近いのです。彼女はレストランのエントランスから普通に入ってきていたし、ライブ終了後には観客に気さくに話しかけていました。また、一般客と同じエリアのテーブルで食事をしていました。スターと一般人の距離が近いのがモントリオール流なのでしょうか?すぐ舞台裏に引っ込む日本のシステムとはえらい違いです。

スケジュールやパフォーマーの情報を事前に確認して、優雅なジャズライブをお楽しみください。予約なしでも当日席に空きがあれば問題なく入れます。管理人も予約をせず直接行きました。開演時刻よりも気持ち早めに行くと安心です。

14.レストランバー・サン・ユバート(Restaurant et bar St-Hubert)

モントリオール名物のロティサリーチキンが食べられるフランチャイズレストランです。

モントリオール市内にはいくつかの店舗があります。ダウンタウンエリアにあるお店の最寄り駅はオレンジラインのシャン・ドゥ・マルス駅(Champ-de-Mars)かプラス・ダルム駅(Place d’Armes)、グリーンラインのサン・ローラン駅(Saint Laurent)かプラス・デ・ザルツ駅(Place-des-Arts)です。

このフランチャイズチェーンはモントリオール発祥です。回しながらじっくりとグリルして焼いていくロティサリーチキンは絶品です。

Restaurant et bar St-Hubertのロティサリーチキン

店内は混み合いますので、ランチの時間でも早めに行くか遅めに行くかして、ラッシュアワーを避けるとよいでしょう。ボリューム満点でとても満足なメニューです。

モントリオールに来たら外せない飲食店なので、ぜひ忘れずにご来店を!

まとめ

モントリオールに来たら食べるべきグルメは結構たくさんあるのです。ガッツリ食事系から、甘いスイーツまで、どなたにも満足できるラインナップがあります。

モントリオールはカナダでもかなりの高価格帯エリアに該当しますが、せっかく滞在したのであればケチケチせず、その地域の料理を食べましょう。食べずに後悔するのは非常にもったいないですよ!

 

それではまた!

 

続きはこちらから

 

前記事はこちらから

 

【PR】あなたも自身でブログ開設(管理人もこの快適なレンタルサーバーを利用しています)

 

【PR】海外旅行にはまずこの1枚!入会費・年会費一切不要のお得なエポスカード!
(管理人もエポスカードには大変お世話になっています。)

一括返済が可能!利用付帯旅行保険も充実!海外行くならエポスカード

-カナダ(Canada)
-, , , , , , , , ,